ブログの筆者もこれで42万円の保険金が保険会社からおりました↓

あなたの知らない「火災保険の世界」~その1~

臨時ボーナス・収入アップ

あなたの知らない「火災保険の世界」~その1~
  • 次世代型のキュレーションブログで、膨大なアクセスと収益をあなたへ↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月22日、NHKあさイチで放送された「水害の保険」の動画です

火災保険は3年間はさかのぼって保険金を請求できる

ね~ね~知ってた?火災保険は3年前まで
遡って申請ができるんですよ。

今朝のNHKあさイチの特集は「知っておきたい
水害の保険」という事で最近やたらと多い
ひょうやゲリラ雷雨による水害の補償に
火災保険が使えるというのをやってました。

最近被害を受けた方はすぐに申請している
としても、「そういえば数年前にうちも
被害を受けたよな~」と思い出したあなた。

それ、3年以内だったら保険会社に申請したら
保険金がおりるかも?

保険会社の広報の方も

「保険金請求権は法律上、3年間で時効
となり消滅します。つまり、3年間は
さかのぼってご請求可能です。
ただし、時間が経過すると損害の確認等が
困難になり、お支払できないことが
ありますので、被害に遭われたら
できるだけ早く保険会社にご連絡ください」
と説明していただきました。

東日本大震災の被害もまだ補償されました。

また、地震保険に入っている方は東日本大震災
にまで遡って申請する事も可能です。
実際私は自宅の基礎のひび割れを申請して
保険金がおりましたから。上の写真参照。

被害の写真もないし、申請の方法も分からないという方に朗報があります!

うちも数年前にそんな被害を受けたと思うが
証拠の写真になるかどうか、分からない。
その被害を直す見積もり書なんてどうやって
書けばいいのか分からないよというあなた。

そんな方の為に「火災保険申請サポート」と
いうサービスがあるのをご存知でしたか?

「火災保険申請サポート」とは?


火災保険申請サポートとは、簡単に言うと
プロの診断士が無料で日本全国どんな場所にでも
出掛けて行き、屋根や家屋を診断してくれて
傷んだ箇所を写真に撮り、その被害を直す
見積書まであなたの代わりに書いてくれる
至れり尽くせりのサービスです。

※写真はそのサービスを説明したチラシになります。


●出張調査は全国完全無料で、1時間位で終わります。

●保険金がおりた場合のみ、サポート費用としておりた保険金額の
30%を後払いして頂きます。

●おりた保険金は修理に使っても使わなくても使い道は自由です。

●保険金がおりてもあなたの保険金が上がる事はありません。

善は急げ、早速調査会社に申し込みをしてみる↓

上の青いボタンを押すと調査会社の申し込みページに飛びます。
※まれにセキュリティソフトによってはリンク先が警告が出る
場合がありますが安全なので了承して先に進むを押してください。

●申し込みフォームでの記入の仕方、注意点

【記入上の注意事項】
1 「キャンペーンコード」は空白で大丈夫です。
2 「紹介者名」は担当コンサルタントである私の名前
「石井実」とご記入くださ い。
3 「連絡先」は担当コンサルタントである私の連絡先
ですので「09099432589」とご記入ください。
4 「申請者本人のワンズクラブ入会有無」は
「無し」にチェック。
5 「証券を添付する」というところは保険証書を
写真に撮って画像を添付して下さい。
※の項目は必須になっておりますのでもれずにご記入下さい。

なお、火災保険申請サポートの詳細をお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください↓

  ↓現在ご覧のキュレーションサイトが誰でも簡単無料で作れます↓

もうすでに無料でやっている方、副業、本業で収益を出し広告収入を得たい方! 無料版よりも自由に使える広告掲載枠が7倍も多い特別版はこちら。 アフェリエイターの方もこちらのDremersで稼いじゃいましょう↓

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ブログの筆者もこれで42万円の保険金が保険会社からおりました↓

タグ

月別アーカイブ